30代の転職に成功するための方法

30代の転職は、チャンスに満ち溢れている

20代の転職に比べると、30代の転職は難しいとお考えの方も多いでしょう。

 

しかし、知識も社会常識もある30代は、企業にとっては魅力的です。
社会人として10年以上過ごしていれば、ある程度の社会常識――電話の取り方、お辞儀の仕方、名刺交換の方法など――を身に着けていますので、一から教育する必要はありません。
その上、キャリアもあるならば、即戦力として働いてくれる人材です。
若さもあり、可能性もポテンシャルもあるので、魅力的な年代と言えます。

 

もちろん、20代に比べれば吸収力という点で劣っていると採用担当者から、みなされる可能性はあります。
会社のカラーに完全に染めあげてしまいたい、と考える経営者にとっては、他社の経験があることが邪魔に思えるかもしれません。

 

要は、会社の求める人材は千差万別であり、
「30代だから転職は無理だ」
と考えることは、あなたを探している(そしてあなたが探している)最高の職場にたどりつく可能性をつぶしてしまいかねない、ということです。

 

もっと、ご自分に自信を持ってください。
そして、自分に自信を持てば、いくらでもチャレンジして、自分の人生を花開かせることが出来ます。

 

今の時代、ITの発達やグローバル化の進展により、世の中の仕組みがどんどん変わりつつあります。
新しいことにチャレンジしなければ、沈んでいくばかりです。
変わりつつある激動の社会で幸福をつかむためにも、チャレンジしましょう。

 

また、社会の常識について何も知らなかった20代と違って、俯瞰して自分の人生を眺め、自分の心の声に耳を傾けながら、人生設計が出来るのも、30代の特権です。

 

40代になれば、もっと知恵がつくでしょう。
しかし、背負うものも大きくなります。
健康に不安を抱え始めているかもしれません。

 

こうしたことを考えると、可能性もあり、知恵もある30代は、自分を見つめ直し、人生を再構築するには最高の年代かもしれません。

 

30代で転職しようか、どうしようかと悩んでいる人。
転職を決意したものの、いまだ飛び出せない人。
方法がわからない人。

 

迷い悩む30代の全ての人々のために、このサイトを作りました。

 

 

 

 

2017年12月
「30代の転職に成功するための方法」サイト管理人

転職エージェントにはどこに申し込むべきか

転職するなら転職エージェントに相談できるところへ

具体的な話として、転職をどのように進めていけば良いのでしょうか。
オススメするのは、転職のプロにまず相談することです。
そのためには、まず転職サイトの中で、転職エージェントを利用できるところに登録したほうがいいでしょう。

 

人材紹介業社の社員で転職希望者を直接担当する社員は「転職エージェント」「キャリアコンサルタント」などと呼ばれます。
(このサイトでは「転職エージェント」という言葉を使います)

 

転職エージェントに相談できるのとできないのとでは大違いです。
自分一人で抱え込むよりも、専門家に相談したほうが良いということは、転職が楽になったのは転職エージェントを利用してからという記事で詳しく解説しています。

 

大手の転職サイトに登録するべし

さて、どこか一つに登録するとすれば、
「大手に登録すること」
をオススメしています。

 

その理由は、
1.大手の方が紹介できる案件を豊富に持っているから。
2.いい加減なところに当たるリスクを避けられるから。
3.中小の素晴らしい転職エージェントとの比較材料になるから。
の3つの理由があるからです。

 

紹介してくれる転職先は、圧倒的に大手の転職エージェントに情報が集まります。
これはどうしようもない格差です。

 

また、小さな転職斡旋業者の中には、非常に悪質なところがときおり混じっていることもあります。
大手の転職エージェントには、そこまで悪質なものはないため、悪質業者と比較することにも使えます。

 

もちろん、大手に比べたデメリットを埋め合わせるために、小さい転職斡旋業のエージェントの方が、熱心に活動してくれるというメリットもあります。

 

転職斡旋業者は、地域差もありますし、転職エージェント一人ひとりの質にも大きく左右されます。
だから、中小企業の転職エージェントのほうが、あなたにあっている可能性も高いのです。

 

ただ、その良さを確認するためにも、まずはスタンダードなところに登録することをお勧めします。

 

転職エージェントが良かったDODA

そして、大手の中でどこか一つを選べ、と言われたとしたら、私は間違いなくDODAを選びます。
転職はDODA

 

たまたま担当の方が言い方だっただけかもしれませんが。

 

私がお世話になったのは、DODAの前身であるインテリジェンス時代からいらっしゃる古株の転職エージェント。
大変大柄で、一見、迫力のある強面の人物。

 

ところが情のある方で、私の輝かしくない経歴に無駄な時間を使わず、むしろ私がキャリアアップをする上での考え方について興味を持っていただき、最初の面接では一時間近く私の話を聞くことに時間を費やしてくれました。

 

たまたまその日が暇だったのかもしれませんが、
「これまでのキャリアではなく、あなたがこれからどう生きていきたいのか、が重要なんですよ」
とおっしゃっていただいたのが、とても印象に残っています。

 

その方のアドバイスのお陰で、私はいい転職ができました。

 

また、彼から紹介していただいたDODAの求人に関しても、待遇の良いものが多い、という印象を受けました。

 

履歴書の書き方なども丁寧に教えていただきましたし、転職活動中の力の抜き方などもアドバイスしてもらえました。

 

DODAの運営母体は「パーソルキャリア」

ちなみに「DODA」は、もともと「an」を発行していた学生援護会が発行した転職情報誌が元ですが、そのあと運営母体に変わったインテリジェンスは「パーソルキャリア」と名前を変えました。

 

よって、DODAもパーソルキャリアが運営していますが、紙媒体としての「DODA」は2009年に休刊、今は転職エージェントによって転職相談や転職支援を利用できる転職サイトonlyとなったようです。

 

最近、スティーブ・ウォズニアックや86歳の現役モデルであるカルメン・デロリフィチェを起用した「はたらいて、笑おう。」というオシャレな広告が、テレビでバンバン流れています。

 

DODA自体も新しく生まれ変わろうとしているこの時期、転職サポートに一段と力を入れていること間違いなし。
新しい場所へ飛び立とうとしているあなたも、新生DODAと一緒に羽ばたけるのではないかな、と思います。
転職はDODA

 

DODAへの登録方法

上記サイトのDODAの登録方法についてご案内します。
まず、公式サイトDODAエージェントサービスにアクセス、
そのあと「エージェントサービスに申し込む(無料)」をクリックして現れる会員登録画面に、まずは氏名など基本情報を登録して、会員登録を済ませてください。

 

そして、必ず「エージェントサービスに登録」をしてください。
そうでなければ転職エージェントに相談ができません。

 

自分一人でまずやろう、は馬鹿やろう

ここでご注意。
転職に不慣れなひと、キャリアに自信がない人ほど、まずは自分一人で頑張ろうと思いがち。
プロに頼むのは、転職にある程度慣れてから、と思って、相談することをめんどくさがり、そして無駄な時間を費やしてしまう。
なかには転職のプロに相談しないまま、適当なところで妥協して、後で悔やむひとも多いようです。

 

それ、無駄なので辞めてください。
時間は有限です。
最初からプロの力を利用してください。

 

もちろん、DODA側の条件と折り合いがつかずに、転職エージェントの力を利用できない場合もあるでしょう。
その場合は、あきらめなければなりませんが、そうでない限り、積極的に転職エージェントの力を利用されたほうがよいでしょう。

 

転職サイトはDODA

 


トップページ 考え方 方法 キャリア チャレンジ お問い合わせ